【福岡県筑豊地方】オススメのお菓子アウトレットショップ2選

アウトレット(文字)のイラスト B級グルメ
<景品表示法第5条第3号に係る表記>本サイトは広告が含まれる場合があります

「大好きなお菓子を安くおなかいっぱい食べたい!」と思ったことはありませんか?

実はお菓子にもB級品を格安で販売するアウトレットショップがあります。

この記事では福岡県筑豊地方にある、オススメのお菓子アウトレットショップを紹介します。

【オススメ1】チロルチョコアウトレットショップ

「チロルは10円!」のCMでおなじみのチロルチョコ。

10円を握りしめて駄菓子屋に通った思い出がある方も多いのではないでしょうか。

チロルチョコは福岡県田川市の工場で生産されており、工場の目の前に「チロルチョコアウトレットショップ」があります。

チロルチョコアウトレットショップの紹介

場所は国道201線沿いで、大きなチロルチョコのオブジェが目印です。

チロルチョコアウトレット1

開店前の8時半に到着したため、お店のシャッターは閉じていました。

駐車場は隣のコンビニや店舗分も含めて普通車20台分程あります。

チロルチョコアウトレット2

営業時間は9時~17時半で年中無休(お盆・正月を除く)です。

2023年1月現在、新型コロナ感染対策のため入店できる人数が最大6名までに制限されています。

ノブユキ
ノブユキ

時間帯によっては、店外でしばらく待つ必要があります。

チロルチョコアウトレット3

9時になり開店したので入店。

店内にはチロルチョコの袋詰めパックが多数並べられており、どれを買おうか目移りします。商品は売れたそばから、どんどん補充されていました。

買い物を終えて退店すると行列ができており、お店の人気ぶりが伺えます。

チロルチョコアウトレット4

購入した商品はコチラ。

チロルチョコアウトレット5

左から

  • チロルクリーミーミルク30個入×2パック
  • きなこ小豆(570g)×1袋
  • カマンベール&ストロベリー(570g)×1袋

お値段は各500円(税込)で全部で1,500円!

これだけあれば1週間はチロルチョコ三昧できますね。

チロルチョコアウトレットショップの詳細

住所福岡県田川市川宮1336−4
営業時間9時~17時半
定休日月、木(祝祭日の場合は翌日)
駐車場あり

【オススメ2】添田町めんべい工場売店

福岡のお土産として定番の「めんべい」、空港や駅の売店で良く見かけますね。

めんべいの工場は福岡県添田町にあり、工場に併設して工場売店があります。

添田町めんべい工場売店の紹介

場所は福岡県添田町で、入口の案内看板が目印です。

めんべい1

坂を上ると工場売店が見えます。

めんべい2

工場売店の前には普通車10台分程の駐車場が設けられています。

めんべい3

店内に入ると化粧箱に入った通常品がありましたが、さらに店の奥に進むとワゴンの中にお目当ての「われめん」を発見!

われめんとは、めんべいの製造過程で割れてしまったものを袋詰めした商品です。

われめんの画像はコチラ、

めんべい4

内容量は200gあり、お値段は1袋500円(税込)

正規品は2枚入り1袋(約16g)×8袋で600円なので、かなりおトクですね。

もちろん味や素材は正規品と同等です。

添田町めんべい工場売店の詳細

住所福岡県田川郡添田町添田2282
営業時間9時~17時(年末年始休み)
駐車場あり

まとめ

福岡県筑豊地方にあるオススメのお菓子アウトレットショップを紹介しました。

アウトレットショップはB級品が安く買えるだけでなく、たまに期間限定のレア商品が売られていたりして宝探しの気分が味わえます。

興味と時間がある方は、アウトレットショップ巡りをされてはいかがでしょうか。

※商品の価格は、2023年1月現在のものです。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました